現代ではわずかな年収で働く会社員やフリーター、アルバイトなどの存在が
珍しいものではなくなってしまいました。
彼らのなかには、年収200万円ほどの低収入で暮らしている人も少なくありません。

この程度の年収となると、手取り額では生活保護の受給額とそれほど大差がない、
となってしまいます。

そのため、低収入の仕事をするよりは、
生活保護を申請した方がましだ、と考える人も増えています。

では、実際に、低収入で働くことと、生活保護を受けるのでは、
どっちが裕福?なのか、ということを考えてみましょう。

まず、保護の対象となれば、健康保険や国民年金、
税金などの支払いが免除されますので、受給額は全額生活費として使うことができます。
一方で、働いている人は、収入の中から、
税金や社会保険料などの金額を差し引かれるため、
手取りの額は少なくなってしまいます。

しかし、年金保険料の半額は会社が負担してくれるので、
老後にもらえる年金額は、国民年金に比べると高額になります。

このように、どっちが裕福?という質問に対しては、
将来のことも含めれば、年収200万円で働いた方が得だと言えるでしょう。

お給料の支給明細を確認するたびに、額面上の支給額と、
実際に銀行口座に振り込まれる手取り額との違いに、
愕然としてしまう人は多いのではないでしょうか。

それだけ、多額の税金を国に納めているということですが、
どうして税金がこんなに高いのか、ということを理解している人は少ないでしょう。
実は、国や市町村などの行政サービスは、社会的弱者に手厚く提供されているため、
きちんと納税している勤め人ほど、税金の使い道が見えにくく、
どうして自分が高い税金を納めなければならないのか理解できない、
という問題があるのです。

まったくお金を払わない人がより多くのサービスを享受でき、
たくさんお金を払っている人ほど、ほとんど何のサービスも受けられない、
というのが行政サービスの特徴だからです。

このようにして、サラリーマンや実業家などが
働いたお金の一部は税金として徴収され、国や市町村はそのお金を元手に、
失業者や障害者、高齢者などの社会的弱者に対して、
生活保護や補助金、助成金などを支給しています。

生活をしていて「なかなかお金が貯まらない」と感じてしまう人は、
決して珍しくはないでしょうが、
お金がたまらない理由と言うのをきちんと把握しておくことが、貯金への第一歩です。

お金がたまらない理由の一つは、買い物で、
そんなに必要ではない物を買っているというものがあります。
何かを買った時に、ちょっと経ったら飽きてしまって、
結局それっきりになってしまうということがよくある人は要注意です。

何か買う時には、自分にとって本当にそれが必要かを考えると言う
ワンクッションおいた対応をとることが大切です。

また、何か買う時に、値段の高い方を買うと言うのもお金がたまらない理由の一つです。
例えば、食材や日用品などを買う時に、お肉を買うにしろ、
トイレットペーパーを買うにしろ、なるべく安い方を買うようにしていれば
お金が減るスピードが遅くなり、結果として貯まることになります。

高い物をまったく買わない、というわけではなく、要は頻度の問題です。
いつも高い物ばかり買っていては、貯まる暇がありません。

自宅で簡単に出来る「内職」には実に様々な方法がありますが、
インターネットを通じて行える内職が特におすすめです。

パソコンとインターネット環境さえあれば、
場所や時間に関係なく取り組める上、高額な報酬がもらえるところもあります。
インターネットを使った内職として挙げられるのは、
「お小遣いサイト」「自己アフィリエイト」「アンケートサイト」などです。

特に、アンケートサイトは複数のサイトを掛け持ち出来る上、
ただアンケートに答えていくだけで報酬がもらえるため、
気軽に内職をしたい人におすすめです。

ノルマも設けられておらず、好きな時に好きなだけ答えることが出来ます。
自己アフィリエイトは、より高額の報酬を得たい人におすすめの方法です。
アフィリエイトサイトに掲載されている「案件」をこなすことで、
それに応じて報酬がもらえるシステムです。

案件の内容は、クレジットカードの発行や商品購入、
口座開設やサービス利用など、実に様々です。
1回で数万円の報酬がもらえる案件もあります。

お金の必要性は日常生活の中の思いがけないタイミングで襲ってくるもの。
もしも今すぐ必要というのであれば、
消費者金融を活用するとスピーディーかつ
簡単な契約手続きで必要額を手にできるでしょう。
中でもキャッシングやカードローンといった借り入れ方法はとても便利です。

キャッシングはネットや電話などで借り入れ申し込みを行い、
融資が決まれば銀行の預金口座に一括して希望額が振り込まれます。


komaru.jpg


一方のカードローンは事前に店舗窓口や無人契約機などを使って
一枚の個人カードを発行して、お金が今すぐ必要という事態になれば
近所の専用ATMやコンビニ店内にある提携ATMを訪れ、
その操作によってお金を借り入れることが可能となります。

これらの借り入れを行うには消費者金融の審査をクリアしなければなりません。
必要事項を伝えた上で、身分証明書と年収証明書をきちんと用意して申請を行うと、
業者側の審査担当者がその内容をつぶさにチェックし、
信用機関の登録情報との照合や勤務先への在籍確認などを通して
信用にたる利用者かどうかを精査します。

その審査時間は40分から60分ほど。
これに合格した場合にのみ融資が実施されることになるのです。